30代から痩せ体質になる方法

30代は肥満体質になってしまう人が多いです。 30代は基礎代謝がかなり低下していくので、10代、20代の時のようなダイエット法では効果がありません。 年齢に応じたダイエット法をしなければ効率的に痩せることができません。 しかし、多くの人年齢に応じたダイエット法を実践しないために、体に負担をかけてしまうのです。

ダイエットでなく、痩せ体質を目指すのがおすすめ

30代になってくると、10代、20代の時のような体力はありません。以前は食事制限を厳しくしたり、ハードな運動をすれば痩せられたかもしれません。 しかし、30代になると体力が低下しているので、ハードな内容のダイエットはかなり体に負担になってしまうでしょう。 ですので、痩せるのではなく「痩せ体質」を目指すというイメージでダイエットに取り組んでいただきたいと思います。 痩せ体質を目指すダイエットは、生活の中でちょっとしたことに意識を向けるだけでできるだダイエットです。 ところで、毎日体重計に乗って意気消沈する女性はとても多いと思いますが、毎日自分の体重をチェックするのは無意味です。 なぜなら、肥満かどうかは体重計の数字では計れないからです。 ヒトを肥満にさせるのは「脂肪」です。 スーパーの精肉コーナーに無料で置かれているラードもいわゆる脂肪なのですが、機会があったらラードの塊を水の中に放り込んでほしいのです。 ラードは重さが軽いので、水に浮いてしまうのです。 要するに、肥満とは、体内に脂肪がたくさんある状態ですが、脂肪はとても軽量なので、体重計の数値だけで肥満かどうかを計ることはできないというわけです。

痩せ体質になるためによく噛んで食べる

無理なく「痩せ体質」になるために実践してほしい1つ目のことは「食事はよく噛んで食べる」ということです。 実は噛むこことは痩せ体質を作る上で欠かせない要素。 なぜならよく噛むことによって、口の中で酵素の分泌が促され、食べ物を消化・吸収しやすくなるからです。 酵素は高分子の栄養を分解して低分子の栄養に変えます。 高分子の栄養は腸内で悪玉菌のエサになったり、便秘を引き起こすので、肥満の原因になってしまいます。 ですから、よく噛むことによって食べ物にたくさん酵素を浴びせ、消化・吸収の機能を向上させてほしいと思います。

痩せ体質になるためにストレスの緩和する

痩せ体質になるには、ストレスの緩和も大切です。 ストレスを受け続ける生活は、内臓の機能を低下させてしまうので、代謝も低下してしまい、カロリー消費の悪い体質になってしまうのです。 そもそもストレスは健康という視点からも体に悪影響ですから、ストレスのもととなっているものをよく分析し、その要因をどうすれば潰せるのかを考えるべきです。 場合によっては、配偶者と距離を置いたり、職場や学校を変わったりすることが必要かもしれません。