40代からどんなダイエットをしたら効果的?

30代から自分の老いに気づき始め、40代になるといよいよ待ったなしになります。 どんなにダイエットしても痩せない、食べた分太るし体型も崩れる一方になり得るのが40代です。 40代には40代なりの体の事情があるので、それに合わせたダイエットをしなければ痩せることはできません。

40代が太りやすくなるのはなぜ?

40代であってもやり方次第で痩せることは可能です。 まず、40代がなぜ太るのかを知り、それに対処していくことで痩せることが可能になるのを頭に入れておきましょう。 40代が太りやすいのは、何を隠そう基礎代謝の低下が大きな要因です。 基礎代謝とは、私たちが何もしていない状態(寝ていたり、静止して安静にしていたりする)のときでもエネルギーを消費することです。 要するに、運動しているときに限り私たちのカロリーは消費されているわけではなく、何もしていなくても内蔵が動いていたり、呼吸をしているわけですから、カロリーが消費されているということになります。 基礎代謝の低下は20歳くらいから徐々に低下していくのですが、30代、40代と年々低下していってしまうのです。 そのため、体内のカロリー消費が少なくなり、太ってしまうということです。

適度な運動で40代でも痩せる

人間の体の仕組みを変えることはできませんから、10代のときと同等レベルの基礎代謝まで戻すことは不可能です。 40代はどんどん基礎代謝が低下していく時期で、それは人間の宿命とも言えるでしょう。 しかし、基礎代謝の低下を緩やかにすることもできますし、10代の頃のレベルまでとはいかないものの、ある程度まで基礎代謝を上げることができるのです。 そこで必要になってくるのは、やはり運動です。 恐らく、基礎代謝を上げるためにもっとも必要なのは運動だと私は考えています。 特に必要なのは、下半身の筋肉を増やすための運動です。 ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれますが、ふくらはぎの筋肉が使われ、収縮することによって血管に圧がかかり、重力に負けて下半身に滞りがちな下半身の血液が心臓まで押し戻されるのです。 これは、全身の血流に大きく影響します。 血流が良くなると、体温が上がって内蔵の働きも活発になりますし、細胞の代謝が促進されてカロリーが消費されるのです。

筋肉を増やす食生活を心がけよう

基礎代謝をあげるためには、運動するだけでは不十分です。運動によって筋肉は破壊されてしまうので、筋肉の修復に必要なタンパク質を積極的に摂ることが大事です。 こうして筋肉を使用することによって破壊と修復が繰り返されることによって筋肉量が増えていきます。 筋肉量が増えると、血液を押し流す力が強くなるのです。 40代で痩せるためには、基礎代謝の向上が必要、それには筋肉の使用とタンパク質によって、筋肉量を増やすことが必要というわけです。