酵素が私たちの精神状態に影響を与える理由

酵素は「痩せる効果がある」とか、「美肌に効果がある」と言われています。 ダイエットや美容面での効果が今注目されている酵素ですが、実はその他にもたくさんの良い効果をもたらすと考えられています。 実は、酵素は間接的ではありますが、私たちの精神状態に大きな影響を与えているのです。

うつ病の原因となる「セロトニン」とは?

気分が晴れないとか、何をしても楽しくない、倦怠感など「うつ病」のような症状の背景には「セロトニン不足」があげられます。 セロトニンとは、私たちの体内で作られる物質です。 私たちの血液は血球と血漿で構成されていますが、血液を採取し、しばらく放置すると、固形物と液体物に分離します。 この液体物を血清と言います。要するに血液の凝固には関与しない血液中の物質というわけです。 そして、この血清から分離されるトリプシン(必須アミノ酸の一種)が代謝された時に、代謝物となるのがセロトニンです。 このセロトニンは主に脳と腸内で作られるようです。 私たちの体内には10mg程度のセロトニンがあり、腸などの消化器官に90%以上、脳に2%ほど、残りの8%は血液中の血小板内に存在しているとされています。 セロトニンの主な仕事は下記の3つです。
  • 小腸と大腸の収縮運動を促進する(消化活動を促進する)
  • 血管の収縮運動を促進する(血行を促進する)
  • 脳内で精神の安定に関与する
うつ病の原因は脳内のセロトニン不足が原因と言われています。

脳内のセロトニン不足の解消に酵素が関係する理由

セロトニンがもっともたくさん作られるのは腸ですが、この腸で作られるセロトニンは脳に運ばれるわけではありません。 腸で作られるセロトニンは主に腸の蠕動運動や血管の収縮運動の為に作用します。 しかし、アメリカで行われた実験によると、うつ病の症状を持つ2匹のマウスに、それぞれ抗うつ剤と、善玉菌を投与した結果、善玉菌を投与したマウスの方がうつの症状の改善が大きかったようです。 でも、これは腸で作られたセロトニンが脳に運ばれたわけではなく、善玉菌が腸内環境を改善した結果、脳内でセロトニンが作られる際に必要なトリプトファンが増加した事によるのです。 要するに、腸でたくさんトリプトファンが吸収されると、それが脳まで運ばれ、それを原料として脳内でセロトニンが生成されるわけです。 この一連の流れには、実は「酵素」も大きく関与しています。 なぜなら、酵素は腸を動かす司令塔の役目をしたり、腸内環境の改善に働きかけるからです。 善玉菌の活躍も酵素があってこそなのです。 つまり、酵素は私たちの精神状態に間接的に影響を与える物質という事ができます。