内臓を温めると相当なダイエット効果がある

現代の女性は、昔より社会に進出していて、働く人がとても多いですよね。 ですので、忙しさのあまり肥満になってしまう人が多いのです。

忙しさは肥満の原因にもなる

今の時代は、専業主婦をやっている人を見つける方が難しいというくらい、女性は働きに出るようになっています。 社会に出るという事は、色々なストレスや付き合いもあるでしょうから、ついつい暴飲暴食になってしまったり、 生活習慣が乱れてしまってりしてしまう事が多い為、太りやすい環境に身を置いていると言う事もできます。 それに加え、働きに出ていると自分の時間が少なくなりますよね。もし子供がいるならば、なおさら時間が無いですよね。 ですので、ダイエットの為の運動の時間もほとんど取れないのではないでしょうか? このようなワケで、世の中の女性は今、太りやすく痩せにくい環境に居る人が多いと言えます。 ダイエットをしようとしている人にとってはとても不利な状況なワケですが、実は、運動する時間が全くなくても、痩身エステに行かなくても、ちょっとした努力で痩せやすい体を作る事も可能なんですよね。

内臓を温める事で痩せやすい体質になる

実は、体の中を温めると自然に痩せやすい体になっていきます。 一見すると、内臓を温める事とダイエット効果は接点がないようにも感じますが、健康的に痩せる為には内臓を温める事は必須なんですよね。 それでは、具体的になぜ内臓を温めると痩せやすくなるのかをお話したいと思います。

内臓が冷えると、代謝が落ちる

例えば、夏場暑いからと言って、キンキンに冷えた飲み物を飲むとしますよね?そうすると内臓が急激に冷やされます。 それは飲む人には快感を与えますが、内臓は悲鳴を上げてしまうのですよね。 内臓が冷えると言う事は、消化器官の働きが鈍くなってしまいますので、基礎代謝が下がってしまうのです。 これを繰り返していると、基礎代謝が低下した状態の体質に変わっていってしまうんです。

内臓を温めるとどうなる?

実は、体温が1度上がると、基礎代謝が10~15%くらいアップすると言われています。 基礎代謝というのは、簡単にいうと「何もしていなくても消費するエネルギー」ですから、 運動しなくても、消費エネルギーが10~15%アップしているという事なんです。

内臓を温める為にできる事とは何か?

まず、飲み物を飲むときは常温のモノを飲むようにしましょう。 キンキンに冷えたモノを体内に入れ続けると本当に体が冷えてしまいます。 とにかく体を冷やさない事に徹底するのです。冷えた飲みのを多く飲むと冷え性などを引き起こしやすくもなります。 そして、ストレスを減らす事もそうです。ストレスを感じると人間が血管が細くなり、血流が悪くなりますので、 当然体温を低下させやすいんですよね。 これらの事を実践するだけでもだいぶ痩せやすい体に変化していくとハズです。