ビフィズス菌の効果的な摂り方とは?

最近では、腸内環境が良くなると、ダイエット効果や美容効果、健康促進効果、それに加え精神面の安定効果もある事が広く知られるようになってきましたよね。 ですので、腸内環境を良くするサプリメントやドリンクがすごくたくさん販売されるようにもなってきましたね。 腸内環境をよくする為には、善玉菌を増やすという方法が有効ですので、乳酸菌やビフィズス菌が豊富に含まれるサプリメトやドリンクで補いましょうというものですよね。 でも、善玉菌はストレスや生活習慣、加齢が原因で減少してしまいますから、私たちは効率よく善玉菌を摂り入れる必要があります。 ですので、このページでは、善玉菌を効率よく摂りいれる秘訣についてお話ししたいと思います。

善玉菌を効率よく摂るには工夫が必須

ビフィズス菌や乳酸菌は何かの食べ物に普通に含まれている事はないのですよね。 というのは、ビフィズス菌や乳酸菌を摂るのであれば、ヨーグルトや乳製品に菌を添加したものを食べるしかありません。 「じゃあ、ヨーグルトを食べば良いんだね?」と思われるかもしれませんが、実は少し注意する点があります。 実は、ビフィズス菌や乳酸菌は胃酸に弱く、胃で死滅してしまうのです。これでは、当然、大腸に届きませんから、効果がありません。 でも、最近は加工技術が進み、ビフィズス菌や乳酸菌を腸まで届けられる物も出てきました。 ですので、市販されているモノを購入する場合には「生きたまま腸まで乳酸菌(ビフィズス菌)を届ける」というような表示をしてあるモノを選んで購入するようにすると良いですね。

効率良い善玉菌の摂り方

ビフィズス菌や乳酸菌を摂る場合、タイミングにも気を付けると効果的です。 先ほども説明したように、これらの善玉菌は胃酸にとても弱いです。 私たちが口から食べ物を食べ、それが胃に入ると、食べ物を分解しようと胃酸がじわっと出るわけです。 ですので、この状態のタイミングで善玉菌を摂ってしまうと胃酸の影響を少なからず受けます。 いくら最近の善玉菌入り食品が加工技術によって大腸まで届けてくれるからと言っても100%とはいきません。 だからおすすめのタイミングは食後が良いと思います。 食後は胃酸が一番薄まると言われているからです。胃酸によるダメージを最小限に抑える事がポイントです。

善玉菌を助けるモノと摂る

加えて、ビフィズス菌や乳酸菌の働きを助けるものを一緒に摂る事をおすすめします。 例えばオリゴ糖は善玉菌が大好きな餌です。 オリゴ糖が含まれる代表的な食べ物としては、バナナとか大豆、玉ねぎ、アスパラガスなどです。 これらを一緒に摂る事により、善玉菌が活性化し、善玉菌の力がアップします。