酵素を上手に使って腸を元気にする方法

体型や美肌を維持したり、改善したりする上で腸の健康は不可欠です。 例えば腸が不健康な状態だと、腸の運動量が落ち便が体外に排出されにくくなるので、便秘になりますよね。 そのような状態になると、本来なら栄養分が腸から血管に取り込まれて体の各細胞の栄養になっていくはずが、栄養ではなく便秘によって腸内に充満した毒素が血管に取り込まれて全身を巡る事になります。 ですので、細胞は毒素を吸収してしまう為お肌が荒れたり、新陳代謝が悪く太り安い体にもなっていきます。 ですので、ダイエットや美容と「腸」は切っても切れない関係性があるのです。 だから日頃から腸を元気にする努力が必要なんですよね。

腸を元気にするには、酵素を活性化させること

では、どうやったら腸の健康を促進できるのでしょうか?答えは簡単で、単純に腸の機能を高めるモノを取り入れれば良いのです。 最近は、腸の機能を高める物質として「酵素」が注目を浴びています。 コンビニとかスーパー、ネットでたくさんの酵素系の商品が売られるようになってきたので、あなたも「酵素」という言葉を聞いた事はあるかもしれません。 この「酵素」とは、もともと私たちの体に潜在的にある物質で、必要に応じて体の各細胞から分泌される神経伝達物質なんですよね。 酵素を分かりやすく説明するならば、酵素は野球の監督で、選手たちが体の各臓器といったところです。 監督が必要に応じて「あれしろ、これしろ」と命令を出し、それに従って選手たちは動くわけです。 つまり、体の各臓器の活動の“起点”になるのが酵素をいう事なんですよね。 こうして考えると、酵素は腸の活動の起点でもあるという事が理解できますよね。逆に言うと、酵素が不足すると腸の機能は低下するという事です。

酵素は体外から摂れるの?

でも実は、この酵素は体外から補給することはできません。 なぜなら酵素は私たち自身のDNAを基に生成されるものですので、外部の世界には存在しないからです。 「じゃあ、お店やネットで売っている酵素は何なの?」と思うかもしれません。 それらの“酵素”は私たち自身が生成できる酵素ではありませんが、植物や穀物に含まれる食物酵素なんですよね。 この食物酵素は私たちの生成する酵素に成り代わる事はできませんが、サポートする事はできます。 どういう事かと言うと、食べ物の分解・消化を補助したり、私たちが生成する酵素の材料にもなったりします。

酵素を増やして腸を元気にする方法

では、食物酵素はどうやったら摂れるのでしょうか? 例えば、生野菜やフルーツ、納豆やキムチなどの発酵食品は酵素が豊富に含まれています。 これらの食品は胃で食べ物が分解されるのを助けて、腸の負担を減らします。十分分解された食べ物は腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすので、便秘を防ぐ事になります。 同時に私たちの体内酵素を生成する為の材料となるわけです。 ですので、このような酵素が豊富に含まれる食品を普段の食生活で意識的に摂取するようにする事をおすすめします。